気になるガジェット

気になるガジェットについて簡単にまとめたメモブログです

macOSの日本語入力を極限まで軽くする3つの方法

f:id:the_beatles:20170623102032p:plain:w1000

Macを新しく購入した時やOSがアップデートしてクリーンインストールした後に、真っ先に設定したいことって入力関係になると思います。 そこで職場の人から教えてもらった、日本語入力を賢く使う方法をお教え致します。

Google日本語入力を使おう!

Googleにインプットデータを共有することになるらしいですが、それほど気にしないのであれば予測変換が素晴らしいし無料で使えるので、Google日本語入力がとてもおすすめです。 Google日本語入力がリリースされる前はAtokを使っていたことがありますが、macOS更新の度に買い直しの必要があるため、今ではGoogle日本語入力オンリーで使っております。

ATOK 2017 for Mac 【ベーシック】 |ダウンロード版

ATOK 2017 for Mac 【ベーシック】 |ダウンロード版

ATOK 2017 for Mac 【プレミアム】|ダウンロード版

ATOK 2017 for Mac 【プレミアム】|ダウンロード版

www.google.co.jp

入力ソースは出来る限り減らそう!

システム環境設定 > キーボード > 入力ソースからは、使うもの以外は全部削除します。 半角カナとかもありますが、殆どの場合使うことがないと思うので使わなそうであれば削除してください。 僕の場合は、英字と日本語の二種類のみです。

f:id:the_beatles:20170623133942p:plain:w500

ショートカットは「入力メニューの次のソースを選択」をメインに使おう!

僕の場合は英字キーボードを使っているため、入力ソースの切り替えは「⌘ + スペース」になり、以下の画像のとおりに設定しております。

f:id:the_beatles:20170623134605p:plain:w500

ただし、普段使うショートカット「前の入力ソースを選択」の場合、以下の画像のように切り替え中の入力ソースがポップアップされて結構邪魔になることがあります。 そのため、頻繁に使用するショートカットを「入力メニューの次のソースを選択」に割り当ててメインで使うようにしたほうが、効率的で直ぐに切り替るためストレスが軽減されます。

f:id:the_beatles:20170623134457p:plain:w200

物は試しだと思いますので、是非一度試してみてください。

広告を非表示にする